英検準1級ライティングの過去問を確認する方法はある?プロが徹底解説!

あゆみさん

受験勉強の時に過去者にいっぱい挑戦しました。
英検準1級ライティングの過去問にも挑戦したいんだけど、どこで確認すれば良いですか?

しんじさん

英検準1級ライティングの過去問確認方法は私も知りたいです!
過去問にどうやって取り組んでいけばよいかも教えてほしい。

今回の記事はこの様なお悩みや疑問を解決します。英検準1級 ライティング 過去問」といったキーワードで検索をされた方にピッタリの記事となっております。

この記事を書いている人

英語試験ライティングセンター

13歳で英検1級合格や、ライティング満点取得者を複数輩出している英語試験ライティングセンターです。

ライティング添削を中心として、英検1級と準1級を専門的に対策しています。

完全無料のフリートライアルも随時実施中。豊富な合格実績はこちらから確認!

この記事のメリット
  • 英検準1級ライティングの過去問の確認方法がわかる
  • 過去問の好ましい取り組み方法がわかる

今回は、英検準1級ライティングの過去問を確認する方法はある?プロが徹底解説!というテーマでお話していきます。

英検準1級ライティングの過去問を確認したいけど、どうすれば良いか分からない」という方は少なからずいるのではないでしょうか。

英検準1級ライティングの過去問を確認する方法は複数あります。本記事ではそれらをご紹介すると共に、非効率な学習とならない様、どの様に過去問に取り組めば良いのかという点も弊社の経験を踏まえて解説していきます。

先生

過去問についてはあまり効果的ではない取り組みをされている方がかなり多いと思います。
取り組み方法によって結果が異なってくることもあるため、最後までじっくりとご確認ください。

それでは記事を見ていきましょう。

目次

英検準1級 ライティングの過去問を確認する方法は主に2パターン

英検準1級ライティングの過去問を確認する方法は1つではありません。主に2パターンあります。

確認する方法その1

日本英語検定協会の公式サイトで確認

確認する方法その

市販の準1級専門過去問集で確認

あゆみさん

なるほど。英検公式サイトでも確認できるし、市販の過去問集からも確認できるという事ですね。

先生

その通りです。
まずは公式サイトの情報と公式サイトで確認する事のメリットについて確認していきましょう。

英検準1級 ライティングの過去問を確認できる英検公式サイトはこちら

日本英語検定協会の公式サイトでは、過去3回分の過去問が確認できます。

公式サイトで確認できる過去問はコチラ

しんじさん

公式サイトに掲載されているってことは無料で確認できるってことだよね。
とっても便利。

先生

本当に便利ですね。
次は英検公式サイトのメリットを解説していきます。

英検公式サイトで英検準1級ライティングの過去問を確認できるメリット

メリットその 無料で確認できる

英検公式サイトに掲載されている過去問は無料で確認できます。無料で過去3回分の過去問が確認できるというのは非常に大きなメリットかと思います。

英検1級に合格したいが、極力費用を押さえたいという方におすすめの確認方法と言えます。

メリットその 【重要】公式が作成している解答例が確認できる

英検公式サイトでは過去問だけではなく、ライティングの解答例を確認する事ができます。これは非常に大きなメリットです。

過去3回分の解答例が掲載されているため、それらをじっくりと研究すると一定の法則が見えてきます。

  • イントロダクションに記載すべき内容や、記載方法、おおよその語数
  • ボディに記載すべきおおよその文の数や語数、その他記載方法方
  • コンクルージョンに記載すべき内容や、記載方法、おおよその語数

英検公式サイトが公開している解答例を研究する事なく、がむしゃらかつ自己流にライティングを行ってもあまり良い事はありません。せっかく解答例が公開されているのですから、それらをしっかりと見習っていくことがとても大事です。

先生

弊社のフリートライアルを受ける方について、明らかに英検公式サイトの解答例を確認、見習っていないと考えられるケースはとても多いです。
無料ながら重要な情報が詰まっているので最大限活用していきましょう。

メリットその ウェブ上でいつでも確認できる

ウェブ上に常に掲載されているという事もメリットの一つです。インターネット回線さえあれば、すぐに確認ができます。書籍とは異なり、持ち運ぶ必要もないため便利です。

メリットその スマートフォンでも確認できる

英検公式サイトは過去問も含め、スマートフォンでも確認ができます。電車の移動時間等のちょっとした隙間時間に英検公式サイトの解答例を研究するという事も可能です。

スマートフォン一つで様々な情報にアクセスできる現代は本当に便利ですね。

あゆみさん

英検公式サイトの過去問(解答例)はとっても便利ですね。
先生、過去問集についても解説をお願いします。

先生

それでは次に過去問集について一緒に見ていきましょう。

英検準1級 ライティングの過去問を確認できる過去問集はこちら

過去問集はいくつかありますが、その中から二つご紹介します。

2022年度版 英検準1級 過去6回全問題集(旺文社英検書)

まずは英検対策で非常に有名な旺文社の過去問集です。過去6回分の過去問が確認できるため、公式サイトに掲載されているよりも多くの過去問を確認できます。

先生

通常の学習で取り組むライティング問題は過去問である必要はありません。
6回分という掲載でも十分なボリュームだと弊社は考えます。

英検準1級過去問集(2022年度版) (英検赤本シリーズ)

こちらの書籍はなんと9回分もの過去問を掲載している書籍となります。十分すぎるボリュームであると言えます。

先生

「合格への近道は過去問演習!」とありますが弊社はその様には考えておりません。
弊社とすれば、「合格への近道はインプット学習!」です。
根本的実力が圧倒的に不足している方が過去問演習を繰り返したとしても、合格への近道となりにくい場合が多い事を「経験」として理解しているためとなります。
指導者やスクールによって考え方は違いますので、自分に合ったスクールを検討する事が良いと思います。

どの過去問集を買えばよいか分からないという方

まずはじめに、弊社は過去問集を購入必須レベルの書籍とはとらえていません。過去問を購入せずに合格されている方は少なくないと思います。

どちらかというと下記の様な英検準1級ライティング対策専門書籍が必須レベルの書籍と考えています。

英検公式サイトの過去問では不足するという方や、どうしても過去問集がないと不安という方は、実際に書店に行き内容を確認した上で、フィーリングが合う一冊のみをご購入されるのがおすすめです。

先生

複数の過去問集は必要ありません。購入するとしても一冊のみで十分です。
それでは次に過去問集のメリットをご紹介します。

英検準1級 ライティングの過去問を書籍で確認するメリット

公式サイトよりも多くの過去問が掲載されている

公式サイトの過去問は3回分のみとなっておりますが、上記で紹介した過去問集は更に多くの過去問が掲載されております。多くの過去問があった方が安心するという方にはおすすめです。

多くの解答例を確認できる

多くの過去問が掲載されているという事は、その分多くの解答例も確認できます。しかし、解答例を確認するのは英検公式サイトに掲載されているものでも十分です。

単純に英検準1級ライティングの解答例を多く確認したいという場合は過去問集ではなく、上記で紹介したジャパンタイムズのライティング対策書籍の方が良いと思います。

インターネット回線がなくても確認できる

過去問集はインターネットがない場合でも、確認できる点がメリットと言えます。持ち運びも可能であり、書籍である以上書き込みも容易です。

先生

家にいると、ついつい動画等を見てしまうという方は
敢えてスマートフォン等を自宅に置いたまま、図書館等で勉強するという方法もおすすめです。集中できる可能性があります。

しんじさん

なるほどなぁ。英検公式サイトと市販の過去問集にはそれぞれメリットがあるんだね。
ところで先生、過去問を学習する際の注意点ってあるの?

先生

とても良い質問です。注意点はあります。
次で一緒に確認していきましょう。

英検準1級 ライティングの過去問を学習する際の注意点

過去問は全ての準1級学習者様がとにかく取り組めば良いというものではありません。少なくとも弊社はその様に考え、指導を行っております。

過去問に取り組む際の注意点は次の通りです。

一度に多くの問題に挑戦しない

過去問は、その時点における自分の実力を確認するために使用する事がおすすめです。単純な演習問題として取り組むのであれば、過去問ではなく市販の問題集の方が絶対に良いです。

過去問は有限であるため、一度に多くの問題に挑戦しないという事はとても大事なポイントです。

先生

稀なケースではありますが、全ての過去問にすでに挑戦してしまったというお客様もいます。

最初は1回分のみでOK

自分の実力チェックとして初めて過去問に挑戦する際は1回分に取り組めば十分です。1回分のみ取り組み、弊社の様な準1級対策のプロにライティングをチェックしてもらいましょう。

1回分に取り組めばある程度の実力や対策すべきスキルの把握は簡単にできます。実力が大きく変わらない状況で2回分や3回分の過去問に取り組むメリットはありません。

必ず公式サイトの解答例を研究しよう

ライティングの過去問に取り組む前に、必ず英検公式サイトに掲載されている解答例を研究しましょう。三つの解答例を確認すれば、英検準1級ライティングとしてどの様なものが好ましいか少なからず理解する事ができます。

先生

繰り返しの説明とはなってしまいますが英検公式サイトに掲載されている三つの解答例は、スコアアップへのヒントがつまっています。

実力が低いうちから過去問に多く挑戦する必要はない

過去問というものは、数十時間のインプット学習により根本的な実力が向上した時点で、実力確認の意味を込めて取り組む事が好ましいです。実力が低いうちに多くの過去問に挑戦したとしても同じくらいの正答率となるだけです。

過去問をはじめ、問題演習の様なアウトプットは「十分なインプット学習を行っている」という「前提」があるからこそ効果を発揮します。

一方、十分なインプット学習が不足している場合、アウトプットばかりに取り組んでも劇的な効果は期待できません。

先生

数学で例えれば、「基本的な公式」を覚える前に「問題演習」に取り組むようなものといえます。
限られた時間の中で効率的に合格を目指すためには、何よりもインプット学習が必要です。

まとめ

本日は、英検準1級ライティングの過去問を確認する方法はある?プロが徹底解説!というテーマ解説してきました。

ここでもう一度おさらいをしましょう。

英検準1級ライティングの過去問 重要な点
  • 過去問は英検公式サイトと過去問集で確認できる
  • 英検公式サイトに掲載されている三つの解答例を研究する事はとっても大事
  • 過去問は「演習目的」ではなく「実力確認目的」で使用する事が望ましい
  • 実力が低いうちは、「アウトプット学習」ではなく「インプット学習」が必要
先生

以上で今回の記事は終了となります。一人でも多くの方にとって便利な記事となっていれば弊社もうれしいです。
弊社サービスへのお申し込み等は下記のボタンからお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる