英検1級の最年少合格は何歳?【保存版】

あゆみさん

英語試験ライティングセンターでは、10代で英検1級に合格しているという話を聞きました。
英検1級に最年少で合格している方は何歳なのかな?

しんじさん

英検1級って難しい試験だよね。
難関試験を最年少で突破したケースがとっても気になります。

今回の記事はこの様なお悩みや疑問を解決します。「英検1級 最年少」といったキーワードで検索をされた方にピッタリの記事となっております。

この記事を書いている人

英語試験ライティングセンター

13歳で英検1級合格や、ライティング満点取得者を複数輩出している英語試験ライティングセンターです。

ライティング添削を中心として、英検1級と準1級を専門的に対策しています。

完全無料のフリートライアルも随時実施中。豊富な合格実績はこちらから確認!

この記事の内容
  • 英検1級の受験者数と合格率
  • 英検1級に最年少で合格した事例
  • 英検1級合格者の傾向
  • 英検1級受験者の年齢分布
  • 英語試験ライティングセンターの対応
  • 英検1級を最年少で合格するためのポイント

今回は英検1級の最年少合格は何歳?【保存版】というテーマでお話していきます。

「英検1級最年少合格が何歳なのか知りたい!!」という方はとても多いのではないでしょうか。

弊社にも小学生の生徒様は多く存在しますが、今回ご紹介する最年少のケースは弊社の生徒様というわけではありません。

しかし、最年少合格のケースを把握する事によって「私も頑張ろう!」というモチベーションにつながる可能性は極めて高いです。

何歳で合格したのが最年少記録なのかという点だけではなく、お若い年齢ながら英検1級を合格される方の特徴についても弊社の経験等を踏まえて解説していきます。

先生

記事の最後には、英語試験ライティングセンターの対応についても解説しております。
最後までじっくりとご確認ください。

それでは記事を見ていきましょう。

目次

英検1級の概要

まずは英検1級の概要を確認していきましょう。

先生

以前は受験者数や合格者数等を公表していた日本英語検定協会ですが、ここ数年は公表しておりません。
参考程度にご確認ください。

英検1級の受験者数

英検1級の受験者数は、年間約26,000人となります。

先生

最も難易度が高い事もあり、英検の全ての級の中で最も受験者数が少ない級となります。

英検1級受験者の年齢分布

英検1級受験者の学生と社会人の比率はおおよそ3:7となります。よって、学生の年間受験者数はおおよそ8,000人、社会人の年間受験者数はおおよそ18,000人となります。

小学生、中学生、高校生、大学生別の年間受験者数は次の通りです。※おおよその数値となります。

  • 小学生年間約250人
  • 中学生:年間約1200人
  • 高校生:年間約2000人
  • 大学生:年間約2800人
あゆみさん

小学生が年間約250人受験しているのか!けっこういるんだね。
それでも学生全体で8,000人、社会人全体で18,000人という受験者数を考えると、少ないとも感じます。

先生

ここ数年はこの様な数値を日本英語検定協会が公開していないため、算出元のデータは2010年から2013年のものとなります。
参考までにご確認ください。

英検1級の合格率

英検1級の合格率は約10%前後となります。合格率が9%の時もあれば、12%の時もありますが、約10%前後と考えて良いと思います。

10%前後という合格率は、10人受験しても1人しか合格しない難関試験と言えます。

あゆみさん

合格率が約10%って難しすぎない!?
こんなに難しい試験を最年少で合格した年齢が気になります。

先生

それでは次に英検1級を最年少で合格した方の年齢を確認していきましょう。

英検1級に最年少で合格した方の年齢

弊社の調査によると、英検1級に最年少で合格したのは当時9歳の方です。

先生

弊社は調査をメインに行っているわけではないためもっとお若い方が英検1級に合格されている可能性もありますが、今回調査した限りでは9歳が最年少という結果となりました。

9歳といえば、小学校3年生に該当する年齢です。小学校3年生で英検1級に合格をされているのは素晴らしいの一言に尽きます。

しんじさん

9歳で1級合格ってすごすぎるよ!
びっくりしました。

先生

英検1級合格にふさわしい努力を重ねたからこそ9歳という年齢でも最年少合格ができたのだと思います。
それでは参考までに、9歳で英検1級に合格する事のすごさについて解説します。

英検1級の最年少合格 9歳で合格する事のすごさ

語彙の習得

英検1級は準1級と比較した場合、覚えるべき語彙の数難易度が跳ね上がります。少なくとも、日本の高校受験や大学受験において英検1級レベルの単語暗記が求められる事は、一部の学校、大学を除きほとんどありません。

この様な難易度の高い語彙の習得を9歳でこなしてしまう事は、暗記学習にもしっかりと取り組んでいたのであろうと容易に推測できます。

先生

現在英検1級を学習されている生徒様も見習うべきポイントかと思います。

トピックに関する社会的背景を把握していること

弊社も年齢がお若い方について英検指導を行っておりますが、稀にネックとなるポイントです。

お若い方にとって、特に英検1級のライティングで出題されるトピックの言葉自体を知らない、もしくは言葉は知っていても社会的な背景を知らないというケースは稀にあります。

トピックに関する社会的背景を知っているかどうかというのは「英語」の問題ではありません。どちらかというと「社会」の学習に関する事が多くなっております。

英語の知識だけではなく、社会で学習する様な言葉をきちんと把握できている事は素晴らしいの一言に尽きます。

先生

大変稀なケースですが、社会人の生徒様であっても英検1級ライティングの問題文の意味がわからなかったケースがあります。
英検1級ライティングのトピックは社会性が高いテーマ事がほとんどであるため、社会の学習も必要となってきます。

(参考までに)問題文の意味が把握できなかったケース

「社会性の高い」語彙を用いること

英検1級ライティングで高スコアを獲得するためには、「社会性の高い」語彙を記載する必要があります。

「社会性の高い」語彙というのは、小学校や中学校の社会の授業で習う様な言葉を英語として記載する必要があるものと理解して良いと思います。

英検1級ライティングで高スコアのポイントとなるのが、ボキャブラリーレベルです。とにかく語数を埋めれば良いという試験ではなく、ボキャブラリーレベルの高さこそがライティングの質を上げます。

社会性の高い語彙を「読む事」ができる方は大勢いますが「ライティングとして書く事」ができる人は大幅に減ります。9歳という年齢ながら、英検1級に合格しているという事は、社会性の高い語彙をライティングに記載できていたものと推測されます。

先生

社会性の高い語彙をライティングに記載する事は、「事前に社会性の高い語彙に書き慣れている必要」があります。
書き慣れていない場合、まず本番では書けません。

あゆみさん

社会性の高い語彙をライティングに組み込めるなんて本当に高い英語力だと思う!
それを9歳でこなしちゃうなんて尊敬します。

英語試験ライティングセンターの経験と帰国子女について

お若い年齢で英検1級合格となる方は帰国子女のケースが多い

弊社の経験上、お若い年齢ながら弊社サービスをご利用される方は帰国子女のケースが多いです。

長年日本国外にお住まいになれれたいた経験や日本国外の学校に通っていた経験から、帰国子女の方々が高い英語力を身につけているという傾向は間違いなくあります。

あゆみさん

帰国子女って憧れちゃうよね。でも帰国子女じゃなきゃ英検1級合格は目指せないのかな。

先生

その様な事はありません。帰国子女ではなくとも英検1級合格は目指せます。
次で解説していきます。

帰国子女ではない場合でも英検1級合格のチャンスはある

帰国子女ではないからといって合格できない試験ではありません。次のポイントをしっかりと抑えれば帰国子女ではなくとも英検1級合格は狙えます。

ポイント

  • すでに英検準1級に合格している
  • 英語が好き
  • 英語の勉強が好き
  • 読書が好き

上記に該当される方は、帰国子女ではなくともお若い年齢ながら英検1級に合格できるチャンスがあると弊社は考えております。

英語や英語の勉強、読書が好きであるという場合、英検1級合格に必要な学習時間を苦労なくこなす事が出来る事が考えられます。英語の勉強が好きであり、自分からすすんで学習時間を増やせる方は特に伸びやすいと思います。

英語試験ライティングセンターの10歳前後への対応

英語試験ライティングセンターは10歳前後の生徒様にも、もちろん対応しております。ウェブサイトにも、10歳で英検準1級に合格をしているケースや、10歳の方にご満足いただけたケース等を掲載しております。

10歳で英検準1級合格

10歳の生徒様からも大好評

そしてお客様が10歳前後となる以上、親権者様とやり取りをするケースも多くなっております。

弊社はご本人が「英語試験ライティングセンターがいい!」と思われるサービスだけではなく、親権者様から「英語試験ライティングセンターで学習させてあげたい!」と思われるようなサービスを目指しております。

特に10歳前後の生徒様は、ご本人の学習意欲と親権者様の学習意欲に溝があるケースが少なくありません。弊社は様々なケースを経験しておりますので、できる限りそれぞれのご家庭に合ったサービスをご提案しております。

先生

親権者様は1級合格に熱心だけど、肝心のご本人はあまり熱心ではないケース等も経験しております。
この様な場合に、無理に学習を押し付ける事は好ましくありません。様々な代替手段をご提案しております。

英検1級を最年少(10歳前後)で合格するためのポイント

難易度の高い英検1級を最年少もしくは10歳前後で合格するためにはいくつかのポイントがあります。

ポイントその 幼少期から英語学習を開始する 

最年少もしくは10歳前後で英検1級に合格するためには幼少期から英語学習を開始する事がとても好ましいです。

英語学習開始が遅くなってしまうと、短い期間で膨大な学習時間が必要となってきます。幼少期から英語学習を習慣化していると、早い段階で英検1級相当の実力がつきやすいと思います。

ポイントその 信頼できるスクールを探す 

好ましい英語学習をこなすためには信頼できるスクールに任せる事が大事です。

スクール側の立場としては、お客様の目的や目標が定まっているほどサービスは提供しやすいです。「9歳、もしくは10歳前後で英検1級合格を目指したい!」というご希望を伝えていただき、最も納得できる回答やプランの説明があるスクールを検討する事が良いと思います。

ポイントその 学習が楽しく感じる環境を整える 

まとまった英語学習の時間は必須です。その為にも、学習が「楽しい」と感じる環境を整える事が理想です。

一番心強いのは、学習者様本人が「英語学習が楽しい!」と感じている事です。この場合、学習時間が増えやすい傾向があります。

それだけではなく、様々な「誘引」を考えた上で楽しく英語能力を伸ばせる環境があった方がより良いと思います。

ポイントその 英語以外の勉強にも取り組む

英検1級2022年第1回試験のライティング問題では「遺伝子工学」に関するものが出題されています。

ある程度高い英語力が備わっている場合でも「遺伝子工学」についての知識が不足している場合どうしてもライティングできない問題であると言えます。

逆に言えば、英検1級としてふさわしい実力のためには「遺伝子工学」をはじめとする様々な時事問題やトピックについて、事前に関連知識を習得すべきであるという英検側の姿勢も見えてくると思います。

英検1級に合格するためには英語だけを学習すれば良いというわけではありません。学校の勉強やニュースへの関心等も高める必要があります。

英検1級 最年少合格の情報提供お待ちしております

今回弊社で調査した限りでは、英検1級の最年少合格は9歳という調査結果となりました。しかし、弊社も調査を専門としているわけではないため、更にお若い方が英検1級に合格しているという可能性もあると思います。

8歳や7歳といったご年齢で英検1級に合格した、もしくは合格した方を知っているという方がいましたら情報提供にご協力いただけると幸いです。

【英検1級 最年少合格】まとめ

今回は英検1級最年少合格について解説してきました。あくまでも弊社調査の結果ですが、最年少合格は9歳です。

先生

もっとお若い方が英検1級に合格しているという場合、記事を修正しますのでご連絡をいただければと思います。

英語試験ライティングセンターは英検1級対策のプロです。短期間でも効果が出やすいライティング対策を中心として、一次試験を包括的にサポートしています。

先生

無料のフリートライアルも実施しております。
各種お申し込み等は下記のボタンからお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる