英検1級の受験料を誰でもわかる様に丁寧に解説【2022年度保存版】

あゆみさん

英検1級を受験してみようと思います。
受験料はどのくらいの値段なのかな?

お母さん

先生、うちの子が英検1級を受験します。
受験料って受験方法によって違ったりするんですか?教えてください。

今回の記事はこの様な悩みや疑問を解決します。「英検1級 受験料」「英検1級 検定料」「英検1級 値段」といったキーワードで検索をされた方にピッタリの記事となっております。

本記事の注意点

・本記事は「英検1級」についての記事となります。英検1級ではなく、英検準1級については下記の記事にて解説しております。

英検準1級の受験料について

  • この記事を書いている人

英語試験ライティングセンター

13歳で英検1級合格や、ライティング満点取得者を複数輩出している英語試験ライティングセンターです。

ライティング添削を中心として、英検1級と準1級を専門的に対策しています。

完全無料のフリートライアルも随時実施中。豊富な合格実績はこちらから確認!

この記事の内容
  • 英検1級は従来型試験のみ
  • 2022年度は英検1級の受験料が安くなる
  • 英検1級、受験料について
  • 英検1級、受験料の変動について
  • 英検1級を日本国外で受験する場合の受験料

今回は英検1級の受験料、つまり検定料について解説します。

先生

「受験料」という言葉に親しんでいる人が多いため、「受験料」という言葉を使用していますが、英検公式サイトには「検定料」として記載されています。
同じ意味だと考えて問題ありません。

「2級や準2級は、受験会場によって受験料が違っていたから、1級も違いがある」と考えている人もいるのではないでしょうか。

結論から言えば、英検1級の受験料は1種類のみです。(日本国内のみを考えた場合)しかし、日本国外で受ける場合は値段が異なってきます。

そこで、本記事では英検1級の受験料を解説すると共に、英検1級の受験料がどの様に変動しているのかを分かりやすく解説します。

先生

記事の最後では、日本国外で受験する場合の受験料も解説しています。最後までじっくりとご確認ください。

それでは記事の内容をみていきましょう。

目次

【英検1級】2021年度よりも受験料がやすくなった

2021年度は12,600円

2021年度の英検1級の受験料は12,600円でした。しかし、2022年度は11,800円となっており、800円ほど値段が安くなっております。

先生

受験者としては、受験料が安くなるのはありがたいですね。

【英検1級】2022年の受験料は11,800円

受験料は1種類のみ

英検1級は、一次試験、二次試験共に本会場のみとなるため、受験料は1種類のみ、11,800円となります。

先生

1種類であるため、非常に覚えやすいです。

従来型試験のみ、S-CBT試験は対象外

英検1級は従来型試験のみを実施しており、S-CBT試験は実施していません。

先生

だからこそ、受験料も1種類のみ、11.800円となっております。

英検1級の受験料はかなり変動している

過去20年分の値段を一驚公開

2022年度の英検1級受験料は11,800円です。しかし、英検1級の値段はここ20年程で大きく変動しています。

  • 2002年度まで:5,500円
  • 2003年度ー2013年度:7,500円
  • 2014年度-2018年度:8,400円
  • 2019年度:9,500円
  • 2020年度:10,300円
  • 2021年度:12,600円
  • 2022年度:11,800円

これを値上がり幅で確認すると次の通りです。

  • 2003年度:2,000円の値上げ
  • 2014年度:900円の値上げ
  • 2019年度:1,100円の値上げ
  • 2020年度:800円の値上げ
  • 2021年度:2,300円の値上げ
あゆみさん

20年前と比較すると、とっても値段が上がっててびっくりしたよ。

お母さん

コロナの影響等や様々な要因によって値上げは仕方がないのかもしれないわね。
会場の確保も大変そう。

2022年度は、ここ20年で初めての値下げ

2021年度までは値上げのみであり、値下げは20年間一度もありませんでした。しかし、2022年度は過去20年で初めての値下げとなっております。

あゆみさん

値下げはとってもうれしいね。
よーし、1級に申し込んじゃうぞ。

先生

去年よりも安価に受験できるため、受験生にとってはチャンスともいえます。

【参考】日本国外で英検1級を受験する場合の受験料

日本国外は4箇所の受験会場がある

英検は日本国外でも受験する事ができます。

お母さん

日本に帰国する事なく、英検を受験できるのはとっても便利ですね。

日本国外で受験できるのは以下の4つの会場となります。

  1. ロンドン
  2. ニューヨーク
  3. ロサンゼルス
  4. ホノルル
先生

それぞれの会場の受験料を解説していきます。

ロンドン会場の受験料

ロンドン会場の受験料は140ポンドです。

あゆみさん

140ポンド!うーん、140ポンドってどれくらいなの

先生

本日2022年3月21日現在の為替レートで
約21,953円です。

ニューヨーク・ロサンゼルス・ホノルル会場の受験料

ニューヨーク・ロサンゼルス・ホノルルの受験料は170ドルです。

お母さん

最近は為替とかチェックしてないからあんまりピンとこないなぁ。
先生、170ドルって日本円でいくらぐらいですか。

先生

本日2022年3月21日現在の為替レートで
約20,267円です。

【英検1級】日本国外受験は日本国内と比較した場合、値段が高額

両者は大きく値段が異なります。しかし、日本に帰国せずに現地で受験できるメリットの方が大きいのではと弊社は考えております。

先生

直近の試験となっている2021年度第3回試験でも
日本国外で受験し、1級に合格となった生徒様もいます。

まとめ

本日は2022年度版、英検級の受験料について解説してきました。重要なポイントをおさらいしてみましょう。

本日のおさらい

  • 日本国内受験の受験料は11,800円のみ
  • ここ20年で受験料が値上がりし続けていたが、初めての値下げ
  • 従来型試験のみであり、会場は本会場のみ、S-CBT不可
  • 日本国外でも受験可能
  • 日本国外の受験料は日本国内よりも高額だが、メリットの方が大きい

この記事は2022年3月21日時点における、日本英語検定協会の公式サイトで公開されている情報を引用しながら、分かりやすく解説しています。お申し込み前には必ず下記、公式サイトを確認しましょう。

先生

公式サイトの情報が最も正確かつ、確実です。
以上で今回の記事は終了となります。
弊社へのお申し込み等は下記のボタンからお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次